読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

azihsoyn's blog

技術のこととか釣りの事とか(書けたらいいなぁ)

仕事で使っている文房具 2016

アドベントカレンダー 文房具

この記事は お気に入り文房具 Advent Calendar 2016 15日目の記事です。

勢いで参加登録したものの釣りアドベントカレンダーも埋めないとなので若干後悔しています。軽く紹介だけして終わりにしたいと思います。

自分の仕事はプログラマーなのですが、頭の中で考えがまとまらない時など図を書いて考えを整理したりしています。その際に愛用している文房具を幾つか紹介します。

A5 ZEQUENZ/ジークエンス360 ノートL 方眼

(製品の公式ページがなかったためamazonのリンクになってますがご了承下さい)

こちらのノートはページ数の多さと広げやすさ、方眼の掛け線の薄さが気に入っています。

1冊買えば自分の使い方では1年はもちますね。

いろんなノートを試していますが、利用歴が一番長いのがこのノートです。

1点欠点があるとしたら、自分は万年筆も好きで極稀に使うのですが、このノートを使うと紙質の問題か後ろにインクがしみてしまいます。

ボールペンなどで書くのがいいと思います。

アピカ C.D. NOTEBOOK

アピカ

出典: http://www.apica.co.jp/cd_notebook/

こちらは最近近所の文房具屋で目について購入してからジークエンスに匹敵するぐらい気に入っているノートです。

こちらも方眼ノートなのですが、高級感と紙質はジークエンスに勝っています。

またノートを開いたときにフラットになるのも気に入っています。

さらにこちらは公式ページでシルクのような書き心地と歌っているとおりサラサラしていて書きやすい上に、ジークエンスの唯一の欠点だった万年筆の裏写りもほとんどありません。

ただ若干方眼の掛け線が濃いのでその点ではジークエンスが勝ります。

気分によって使い分けていこうと思います。

PILOT フリクションボール2 ビズ

フリクションボール2ビズ

出典: http://frixion.jp/lineup/premium.html?pid=product_ball-2

こちらは説明するまでもないですがこすると消えるボールペンのビジネスタイプです。

フリクションのボールペンはいくつか種類があるのですが、細身のボディに2色の新を入れられるこのタイプが気に入っています。

考えを整理するために書いているので普通のボールペンだと図を移動したりができないためフリクションを使っています。

芯は緑・青系と赤・紫系を使っています。

個人的にフリクションボール3 ビズが出てくれるとかなり嬉しいです。

ZEBRA シャーボX

シャーボx

出典: http://www.zebra.co.jp/pro/sharbo_x/

こちらも有名かもしれませんが、シャーボXというシャープペンとボールペン(2or3色)を1本にまとめられる多機能のボールペンです。

デザインや重さ、多機能さなどどストライクのペンで、4本ぐらい持ってます。

フリクションでは公的な文書には使えないのでカバンの中に1本これが入ってるとかなり役に立ちます。

この製品のネックは値段でしょうか。安いのでも3000円、一番高いもので10,000円もします。

さすがにホイホイ買える値段ではないので今あるものを大事にしていきたいです。

大人の鉛筆

大人の鉛筆 出典: 北星鉛筆

仕事で使っているというタイトルですが、ほぼ使ってません。 でもこの製品なんか好きなんですよね。

芯がものすごく太いシャープペンなのですが、鉛筆リスペクトというか、完成度がものすごくてまさに大人の鉛筆と呼ぶにふさわしいです。

匂いも書き心地も鉛筆そのものです。 スケッチブックとこれを持って絵を書きに出かけたくなりますね。

おわりに

この中で今年出会った文房具はアピカのみでそれ以外はかなり前から使っています。

文房具はなぜか昔から好きで文房具屋に行くだけでテンション上がります。

来年も素敵な文房具に出会えることを期待して本記事は終わりとさせていただきます。


何かおすすめの文房具があったら教えてください。

今年やった釣り

釣り アドベントカレンダー

この記事は 釣り Advent Calendar 2016 10日目の記事です。

この記事でやっとアドベントカレンダーの過去分が埋まります。

去年釣りを再開した時は、ルアー釣りを極めるまで他の釣りはしないぞと、自らに制約と誓約を書けることで釣り力が上がるのではと思っていたのですが、当然そんなことはなく、今はいろんな釣りをすることで全体的な釣り力が上がるのではと考えています。

そんなわけで今年は色々な釣りをしたのでそれを紹介したいと思います。

ルアー釣り

去年からずっとやってるルアー釣り。ターゲットはシーバス。

バイブレーションで釣れることが多いです。

ついつい新しいルアーを買っては試しているのですが、釣り場に行くと大体定番のルアーをローテーションしてしまいますね。

エギング

イカを釣るための釣り方です。

ある意味ルアー釣りなのかもしれませんが、餌木(えぎ)というエビに似せた木製の疑似餌を使って釣りをします。

エメラルダス

出典: daiwa

イカは口ではなく足を使って魚を捕食するので普通のルアーのフックだと引っかからないんですよね。なので↑の写真のように針が大量についたものを使います。

竿をシャクっては沈めてみたいな釣り方なのですが、自分はまだあたりを捉えられていません。シャクってるときになんか重くなったなーと感じたら釣れていたみたいな感じです。

アオリイカは噴射でラインが一気に走るような引きを楽しめるらしいので是非釣ってみたいです。

ジギング

これもある意味ルアー釣りな気もしますが、メタルジグという鉄の塊を使っていろんな魚を釣る釣り方です。

侍ジグ

出典: daiwa

これも竿をシャクったりただ巻きしたりな釣り方なのですが、割りと重いルアーを何度もシャクるので釣り方的には結構ヘビーです。半日竿をシャクってるとだいぶ筋肉痛になりますね(最近は力の使い方がわかってきましたが)。

ターゲットは岸からだとサバなどの青物やヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュあたりです。船釣りならシイラやヒラマサなどもっと大型の魚も釣れる釣りです。

なんて書いてますが、自分はジギングではサバ1匹とシーバスを何回か釣ったぐらいで釣果はあまり芳しくないです。かかっても結構ばらしてしまうことも多いです。

まだまだ未熟ですが何が釣れるかわからないワクワク感は大きいです。

トローリング

トローリングとは大きな釣り竿の先に大きなルアーをつけて、船を走らせて引っ張ることでカツオやマグロ、シイラなどの大型の魚を狙うロマンあふれる釣りです。

自分は小さい頃から1度はやってみたいと思っていたのですが、今年ついにその機会に恵まれました。友人の結婚式に参加するために沖縄に行くことになったのですが、どうせならトローリングやりたい!と思いたち、もう一人の参加者を説得して一緒に体験トローリングに参加しました。

結果は、残念なことに釣れませんでした、、、。釣り始めた時はカツオの群れが見えて行けるんじゃ!とかなり期待していたのですが、あたりが何度かあっただけで釣り上げるには至りませんでした。見かねた船長さんがなんの釣果もないまま岸に戻るのはかわいそうだからと、途中でエサ釣りをさせてくれて、そっちではミーバイが入れ食いでした。

また機会があればリベンジしたいです。

トローリングって高いんですよね。。。

管理釣り場

アドベントカレンダー中何回も紹介した気がしますが、氷川国際ます釣り場ニジマス釣りをしました。自分はいつものシーバス用の釣り竿にスプーンを幾つか購入して挑みました。

夏でしたが山の中は意外と涼しく、売店もあったので釣り場としてはかなり最高でした。

結果も管理釣り場なので当たり前といえば当たり前かもしれませんが10匹弱ぐらい釣ることができました。釣れたことも嬉しかったのですが、見えているニジマスを狙うので、スプーンの色の違いで釣れる釣れないがあることがわかったり、どれぐらいのスピードで巻くと追いかけてくるのか、どんなアクションで食いついてくるのかなど色々研究することができたのも楽しかったです。

来年も一度はまた行きたいです。

ワインド

これまたルアー釣りの一種ですが、タチウオを狙うのにワインド釣りもやってます(今週末もやります)。タチウオは歯が鋭いのでラインをそのままルアーに結ぶと一瞬で切られるそうです。なのでタチウオのルアーにはワイヤ経由でラインを結ぶのが普通みたいですね。

肝心のワインドの釣り方はジギングやエギングに似てますが、ロッドをちょんちょんとシャクることでワームが左右に跳ねるアクション(ダート)をしてタチウオを誘います。

タチウオもまだ釣ってないので今週末の釣果に期待です。

白身魚なのに味がしっかりしていて美味しいらしいんですよね。

ボート釣り

今年は沖縄には2回ほど行っていて、どちらとも釣りをしました。

ボートから餌を真下に下ろして釣るボート釣りも両方やったのですが、1回目の方は自分以外は全員釣れて自分だけ釣果0でした(自分以外は初心者)。まぁ釣りをやっていればそういうこともあるよなって感じですがやはり悔しかったです。

2回目は1回目の雪辱を晴らせるぐらい釣れたので良かったです。

また船長さんの紹介で釣った魚を持ち込んで捌いてくれる居酒屋さんで美味しくいただきました。

マグロ釣り

トローリングではなく、相模湾の船釣りでマグロを釣りに行きました。

これまた自分以外は全員初心者を引き連れての釣りでしたが、恐らく大失敗でした。いきなりのマグロ釣りはやめたほうがいいです。

自分は、というかその船に乗った人全員釣れなかったのですが、2人は実際にマグロがかかりました。そのうちの一人が釣りが初めての友人だったのですが、30分ほどマグロと格闘した末にリールからラインがすべて出きってしまい逃げられてしまいました。

死ぬほど羨ましくてちょっとだけでもいいから変わってもらおうかと思いましたがなんとか踏みとどまりました。

来年挑戦するかはわかりませんが一度はマグロも釣ってみたいです。

おわりに

振り返ってみると結構いろんな釣りをしていました。

大人になるとある程度財力があるので子供の頃はできなかった釣りができるというのは大きいですね。

来年も新しいことに挑戦しつつ色々な釣果を上げていきたいと思います。

今年釣った魚達

釣り アドベントカレンダー

この記事は 釣り Advent Calendar 2016 9日目の記事です。

そろそろネタが尽き始めてやばいと感じています。あと14日分あるのですが、ネタのストックが見返してみたら6個しかない、、、

気を取り直して今年釣った魚達を振り返ってみたいと思います。写真を載せるだけなので簡単でいいですね。

カレイ?ヒラメ?の稚魚

カレイ

ルアーに引っかかって釣れたカレイ?の稚魚。

釣った場所は海から3kmは上流の川です。川でカレイ?って釣れるんですね。

シーバス

シーバス1

シーバス2

シーバス3

シーバス4

最小記録

シーバス5

シーバス6

シーバス最高記録

この1尾はかなり嬉しかったです。過去最高記録でした。目測で70cmぐらいかと。

ニジマス

ニジマス1

ニジマス2

沖縄で釣った謎の魚

謎

調べたらミナミクロサギというみたいですね。ワームに食いついてきました。

コウイカ

コウイカ

食べて美味しいコウイカ。シーズンで2, 3匹だったかと。

サバ

サバ

カニ

カニ1

カニ2

意外とカニ釣れるんですよね。ルアーに引っかかる感じですが。食べてはいません。

謎の魚2

謎2

早巻きで引っかかりました。

鯉

引っ掛けて釣ることはよくあったのですが、ルアーに食いついて釣ったのは初めてでした。

その他

写真には残してないのですが、ボラ(スレがかりで一番釣れる)、ミーバイ(沖縄にて)なども釣りました。

おわりに

対数は少ないですが、明らかに去年釣りを再開したばかりの頃よりは釣れるようになったと思います。竿納めはまだですが、来年は今年以上に釣れるようになりたいです。

とりあえず今週末は初ヒラメorマゴチを釣りたい、、、


サイズちゃんと測れるようにメジャーも持ち歩くようにしよう。

今まで釣った魚で美味しかったランキング

釣り アドベントカレンダー

この記事は 釣り Advent Calendar 2016 8日目の記事です。

先日の記事で釣り歴を振り返ったので、今まで自分で釣って食べた魚を思い出しながら書いてみたいと思います。

1位. カワハギ

カワハギ

出典: wikipedia

釣ったのは2年前ぐらいでしょうか。前職の会社の先輩に誘われ船で釣りました。

天候に恵まれず、冬の寒い雨の中を餌釣りしたのですが、釣果は割とよく10匹は行かないまでも7匹ほど釣れました。

名前の通りさばく時は皮をビーッ!と剥ぐのですが、なかなか癖になる感覚です。

肝心の味ですが、刺し身や鍋にしたのですが、もう旨味が濃縮されていて最高に美味しかったです。刺し身は普通にワサビ醤油でもいいのですが、肝を醤油に混ぜた肝醤油で刺し身を食べるのも最高でした。

カワハギ釣りはこの1回しか行ってないのですが、それ以来一番好きな刺し身がカワハギになったほど美味しかったです。

また行きたいですね。

2位. コウイカ

コウイカ

出典: 市場魚貝類図鑑

別名スミイカシリヤケイカなど

このイカは現在の第四期釣りブームでエギングを初めてやって釣ったイカです。狙いはアオリイカだったのですが、アオリイカのほうがまだ釣ったことないです。今週末釣れるといいのですが、、、

コウイカは別名にスミイカとある通り、墨袋がかなり大きく、さばくのに失敗するとスミで真っ黒になります。逆に上手くさばくことで美味しいイカ墨が大量に手に入るイカです。

自分は刺し身にして食べましたが、自分で釣った魚ということと新鮮さでやはりとても美味しく感じました。

イカ墨は冷凍庫に保存してあとで食べようと思ったのですが、気づいたら捨てられてしまっていました...

3位. シロギス

シロギス

出典: 市場魚貝類図鑑

釣ったのは第1期ぐらいのかなり昔ですが、父親と海でボート釣りでそこそこ大漁に釣って旅館で天ぷらにして食べたのを覚えています。

身がふわふわで美味しいんですよね。

今はルアー釣りがメインなので釣る機会はないですが、店などでシロギスの天ぷらを見かけるとついつい頼んでしまいます。

4位. タコ

狙って釣ったわけではないですが、シロギス釣りの外道(狙った魚以外の魚のこと)として釣れました。同じく天ぷらにして食べましたが美味しかったです。小さいサイズだったので丸ごと揚げました。

5位. ニジマス

ニジマス

釣り堀や管理釣り場など何かとお世話になっているニジマスです。

中学生ぐらいで初めて食べましたが食べごたえもあり普通に美味しい魚です。スーパーでもたまに見かけますね。

皮が結構熱いので塩焼きの場合は皮がぱりぱりになるぐらいしっかり焼かないと食べるのがめんどくさかったりします。

今年始めてニジマスを唐揚げにしたのですが、塩焼きと同等かそれ以上に美味しかったです。

骨も食べられるぐらいこんがり揚げるのがポイントだと思います。

それ以外

全部上げるとキリがないので他に思い出した魚や番外編なんかを軽く紹介します。

鯉も食べれます。近所の川で釣った鯉を泥を吐かせて洗いにして食べました(1度だけですが)。酢味噌で食べたのですが、子供の舌にはあまり美味しいものには感じませんでした。

小骨も多いですしね。

初めてのジギングで釣った鯖なので嬉しかったのですが、持ち帰って焼いて食べた感想は脂があまり乗ってなかったので普通かなという感じでした。

また、捌き方を調べてる際によく見かけたのですが、身が崩れやすいというのは本当でした。捌くのが難しい魚ですね。

ヒラメ

これは釣り居酒屋ざうおで釣った魚なので若干反則ですが味は当然美味しいです。

早く自然のヒラメを釣りたいです。

おわりに

シーバスメインで釣りをしているのですが、実はシーバスは食べたことなかったりします(釣ってる場所があまりきれいな川ではない + サイズが大きいので持って帰るのに適したサイズでないため)。

海で食べごろのサイズが釣れたら1度ぐらいは食べてみたいです。

釣る楽しみもありますが、やはり食べる楽しみも大きいですね。

釣り歴を振り返る

釣り アドベントカレンダー

この記事は 釣り Advent Calendar 2016 7日目の記事です。

ネタのストックは他にもまだあるのですが、このネタを書ききってしまわないと手を付けられないぐらい頭の中で考えてしまうので、勢いに任せて書いてしまうことにしました。

第一期: 〜小学5年生ぐらいまで

もともと父親が釣りをするということもあり、かなり幼少期から釣りには触れていたと思います。一番古い記憶が釣りの記憶と言っても過言ではないです。

この頃はルアー釣りはやっておらず、餌釣りで鯉を釣ったり家族旅行で海でボート釣りなどをしていたと思います。昔住んでいたところは子供が自転車で行ける距離のところに釣り堀があったので、友達と子供だけで釣りに行ったりもしました。

おもちゃみたいな短い釣り竿で大きめの鯉がかかったときはかなり焦りました。

この後引っ越したので、一旦釣りブームは終わります。

第二期: 中学生時代

父方の実家に引っ越し、家のすぐ裏に小さな川が流れていたのでたまに鯉を釣りに行ったりしていました。それだけだったらブームでもなんでもなかったのですが、コロコロコミックという雑誌でグランダー武蔵が始まった(もうちょっと前に始まってたかも?)辺りで釣り熱が再燃しました。この時初めてルアー釣りに出会います。

最初はスピニングでもベイトでもない卵型のリールを使っていました。また、コロコロコミックの商売上手なところですが、漫画に出てきたルアーを実際に発売するという子供にはたまらない製品を買ったりもしていました。中学生のお小遣いでは厳しいぐらいの価格でしたね(1000円〜/個)。しかもそんな高価なルアーでも特別釣れるわけでも、普通になくしたりもするので、このときにはルアーは消耗品という事実を受け入れていました。

クリスマスのプレゼントにホームセンターで売っていたベイトリールをねだったのもこの時期でした。ベイトリールを手に入れてからは裏の川でキャスティングの練習をしたり、家の田んぼでキャスティングの練習をしたりしていました。初のベイトリールだったのでバックラッシュも何度も経験したのですが、それがあったからこそ今ベイトリールを扱えるんだなと思うと子供の頃の自分グッジョブ!って感じです。

ルアー釣りを始めてから1匹目のバスを釣るまでかなりかかった記憶があります。自分よりも先に弟が良型のブラックバスを釣ったときは悔しかったです。

このブラックバス釣りブームは、グランダー武蔵の連載終了や、外来種の魚が生態系を壊すなどのニュースにより、近所の釣り場で軒並みブラックバスが駆逐されたのをきっかけに終了します。

第三期: 高校生・冬の陣

4日目の記事でも書いたのですが、埼玉の水上公園は冬場になるとニジマス釣りができる釣り堀になります。このことを知ってから少しだけルアー釣り熱が再燃し、水上公園に通ったり父親と一緒に釣りに出かけたりしていました。この時期はそんなに長くなかったと思います。

ブームは去りましたが機会があれば釣りに行くぐらいの頻度では釣りしていました。

第四期: 転職〜現在

第三期から一気に飛びますが、現在の釣りブームは去年の夏頃に大学の友人とキャンプに行った頃から始まります。今自分は31歳になったのですが、第三期から実に10年以上経過していました。就職もしましたし結婚もしましたし、初めて釣りをした時の父親ぐらいの年令になったのかもしれません。再燃したきっかけですが特に深い理由はなく、せっかくキャンプするなら久しぶりに釣りしたいなーぐらいの気持ちで道具を揃えた感じです。

そのキャンプでは魚は全く釣れなかったのですが、せっかく道具買ったのにもったいないという思いから近所の川に釣りに通うようになりました。ちょうど転職が決まって有休消化で夏休みのようなものがあったので、ほぼ毎日通っていました。

ちなみにターゲットはシーバスでした。色々調べた結果ブラックバスは放流禁止なところがあったりと色々面倒くさそうなのでシーバスにしました。餌釣りは買いに行くのが面倒なのでルアー釣りにしました。

久しぶりに始めた釣りですが、結果を出すまでに1ヶ月ぐらいかかりました。しかもやっと釣った魚はシーバスではなく黒鯛(しかも川で!)でした。

黒鯛

この時は網も持って行ってなかったのでそのままぶっこ抜こうとしたらロッドが折れたりとなかなか大変でしたが、釣りを再開してから初めてちゃんと釣った魚だったのでとてもうれしかったのを覚えています。

この後もう少し通って初シーバスをゲットしました。

なお、現在の釣り熱はまだまだ冷めそうにないです。というか冷めないように努力したいです。

おわりに

書いてみて思ったのは、父親の影響で釣りを始めたのが大きかったなということと、グランダー武蔵の影響はとてつもなかったなということでした。

なにげに来月には父親は定年になるので、また一緒に釣りに出かけられたらいいなと思いつつ本エントリを締めたいと思います。

釣りとITについて

釣り アドベントカレンダー

この記事は 釣り Advent Calendar 2016 6日目の記事です。

今回は少し自分の仕事と釣りを絡めて考えてみたいと思います。

自分はいわゆるIT系でエンジニア?プログラマー?のような仕事をしているのですが、釣りとITでどんなことができるのかをよく考えています。未来の釣りがどうなるのか?みたいなことですね。

いくつか考えられる、あるいはすでにできつつあることを上げてみたいと思います。

サービス系

釣りのSNS

いわゆるtwitterfacebookなどの釣りに特化したSNSなんかです。

釣りのコミュニティはクローズドになりがちだと思うので(釣れる場所を公にしたくないなど)、facebookでは公開してもtwitterでは公開しない人というもいるのではないでしょうか。

仲間内で釣りの情報を交換すできるようなSNSなんかはあってもいいのかなーなんて思ってます。

決定版とまでは行かないかもしれませんが、

この2つはandroidのplayストアでは評価とダウンロード数などが高そうです。

釣りをサポートするサービス

これはいくつかありますが、タイドグラフ(潮汐)、天気、気温、気圧、…etcなどを見れるサービスですね。

カシオのandroid wear スマートウォッチ Smart Outdoor Watch  では釣りに最適な時間が分かる機能がついていたりします(欲しい!)

釣り船予約サービス

これは見たことないですが、釣り船など各サイトでバラバラなのを1箇所で探せると便利そうですね。

画像認識

魚の写真を撮ったらなんの魚か教えてくれるサービスとかあると便利そうですね。

すでにあったりするのかな。

IoT

釣りのタックルが未来ではどうなるのか考えるとワクワクします。

それと同時に、釣りの楽しみってアナログなところにあると思うのでIoTの及びづらいところなのかなとも思います。

アクションカム・ウェアラブルカメラ

これはkickstarterで幾つかありましたが、魚が食いついてくる瞬間を捉えるカメラなどです。

ルアーとラインの間にカメラを付けて釣りをする感じになります。

トローリング(船でルアーを引っ張る釣り)でならよさそうですが、ルアーフィッシングだとかなり小型化するか、重いルアーでも投げられるタックルが必要になってきますね。

個人的にこの分野はかなり期待しています。

理想を言うと小型のカメラをルアーと一緒に投げてgoogle glassのようなもので水中の映像を見ながら釣りしたいです。

100m弱水中から電波を飛ばすのは厳しそうですね。。

AR・VR

これはすでに製品がありますが、ARカメラで魚を撮影したらサイズが分かるんじゃないかと思ってます。

phab 2 progoogleのtangoというプロジェクトが製品化したもので、空間を認識することができます。紹介動画にも出てきますが、魚の端から端までのサイズを簡単に測れるようになるのではないかと期待しています。

また、VRで魚釣り体験!というのは釣りの楽しみをなくしてしまいますが、例えば自分が釣ったときの引きの強さなどを記録できるようになると、家でも追体験することができるようになるのではないかと思います。写真だけでなく実際の引きの強さを共有できると楽しいかもしれません。

ドローン

などいくつかドローンと釣りを組み合わせたものが出てきてますが、個人的にはこれは釣りではなく漁ではないかなと思います。

ただドローンと釣りが相性が悪いわけではないと思います。

こちらのDobbyというドローンは自撮りに特化したドローンだそうで、一人で釣りに行ったときに魚を持ちながら写真を撮るのが難しいのでこういうのがあると便利だなと思います。

E-ink で模様が変わるルアー

できそうですが消耗品のルアーにE-inkを使うと高くなりそうですね。。

おわりに

半分妄想垂れ流し、半分最近の釣りとITの紹介みたいな感じになりました。

また、IT技術と絡まないところでも釣りの道具自体はものすごく進化しています(その分高価になってもいますが)。

まだまだ釣りが進化する余地はあると思うのでそのあたりも楽しみにしつつ釣りを続けていきたいと思います。

釣りの幹事の難しさ

釣り アドベントカレンダー

この記事は 釣り Advent Calendar 2016 5日目の記事です。

今回は自分が釣りの幹事をする事になって感じた難しさを書いてみたいと思います。

釣りの幹事をする事になった場合に失敗しないために気をつけたいことをまとめます。

対自然の難しさ

一番難しいのが釣りが自然を相手にするスポーツということだと思います。

参加者の都合のいい日程を決めてもいざその日になってみると天気が悪くてお流れになったというのは少なくないと思います。

釣りのイベントを立てるときは

  • 予め複数候補日をあげておく
  • 天気が悪いときのことを想定しておく(別のことをするのか雨天順延なのか)

などを事前に決めておくと良いです(当たり前といえば当たり前ですが)。

参加者の熟練度を考える

これも当たり前といえば当たり前ですが、釣りに慣れている人と初めての人では色々と勝手が違います。間違っても 初心者をマグロ釣りに誘ってはいけません 。もし行くことがあればそれ相応の覚悟をしてきてもらいましょう。

初心者を釣りに連れて行くことになったら考えたいのが、如何に準備させずに釣りの楽しさを知ってもらうかだと思います。4日目 にも書きましたが、管理釣り場や海釣り公園など比較的釣りやすく、レンタルもあるところに行くのがいいと思います。

また、釣り当日までにどんな釣り方をするのか、仕掛けなどはどうやってセットするのかなど、予めインプットできることは予習してきてもらうと良いです。

釣り場へのアクセス

基本的に釣り場まではある程度移動時間がかかるものです。

これが船釣りになると出船時間が早朝なので、下手したら始発でも間に合わなかったりします。

無理せず午後出船の船を探したり可能ならビジネスホテルなどに泊まるかレンタカーなどをかりてピックアップするなどした方が良いでしょう。

オンシーズンで人気のスポットだとビジネスホテルも埋まっていることが多いので、予定は早めに立てたほうが良いです。

あるとよい持ち物

必須ではないですが、持ってきてもらったほうがいい持ち物です。

幹事じゃなくても釣りに行くときはあると便利です。

  • 飲み物
    • 夏は水分補給に。冬でも温かい飲み物があるといいです。
  • ウェッティ
  • 絆創膏
    • ほぼマストで持って行ったほうがいいでしょう。
  • 酔い止め(船釣りの場合)
  • 帽子
    • 夏にはほぼ必須です
  • 日焼け止め
  • サングラス
    • 日焼け帽子もありますが、ルアーなどが飛んできた場合に目を守る役割もあります
  • クーラーボックス
    • 魚を持って帰る場合。発泡スチロールの簡易のものでも十分。
  • ホッカイロ
    • 冬にはほぼ必須です

釣った魚をどうするか

せっかく釣れた魚ですが、無計画だと持て余してしまいます。

釣りが終わる時間や、終わった後の予定にもよりますが予め考えておくと良いです。

釣りが終わったら解散する場合

各自釣った魚を持ち帰れば良いだけです。

クーラーボックスに氷を入れてもち帰りましょう。

夏場は特に鮮度に気をつけましょう。

釣りが終わった後遊ぶ場合

なかなかタフですが、釣りが終わった後遊びに行く場合です。

保冷機能の高いクーラーボックスであれば氷を大量に入れておけば問題ないですが、持ち歩く手間もあります(車があればいいですが)。

クール宅急便で送ることも可能だったりするみたいなので、予め場所などを調べておくと良いかもしれません(コンビニ不可。営業所持ち込み)。

釣りが終わった後すぐ食べる場合

釣った魚を持ち込みで調理してくれる居酒屋もあったりします。

ただそういった居酒屋でもピーク時間帯はやってくれないこともあるので、これも事前の調査をしておくことが大事です。

バーベキュー場で自分たちで調理する場合は特に問題ないです。

おわりに

今年自分が釣り未経験者を釣りに連れて行って失敗だったこと、やってよかったことを思い出しながら書きました。

マグロ釣りに連れて行ってしまった友達は残念ながらもう釣りはこりごりだと思ってるかもしれませんが、また機会があったら幹事を務めたいと思います。